2011年12月14日

【忠臣蔵】赤穂浪士とかいう勘違い逆ギレ社畜が過弱い吉良老人を集団リンチして今年で309年

1:名無しさん@涙目です。(アラバマ州):2011/12/13(火) 04:23:41.85 ID:fLJ0p6iM0●

 「忠臣蔵」は不思議だ。時代劇が不人気といわれ、あだ討ちが時代遅れになって久しいのに、毎年毎年新しいドラマが展開される。

 京都・南座の歌舞伎顔見世興行はことしも忠臣蔵がかかっている。
討ち入りを果たした翌日を描く「仙石屋敷」は、松の廊下も討ち入りシーンもない地味な心理劇だが、
「ご一同さま、長い月日でござりましたな」という大石内蔵助(くらのすけ)のセリフに、会場からすすり泣きがもれる。

 大阪ではいま、事件8年後に書かれ、もっとも初期の忠臣蔵物語といわれる「播磨椙原(はりますぎはら)」が発見され、話題になっている。
播磨の名産品である和紙の名前「椙原」にことよせ、赤穂事件を暗示したタイトル。
1702(元禄15)年12月14日の討ち入りから309年。こうして、赤穂の名前は語り継がれていく。

http://sankei.jp.msn.com/life/news/111212/art11121216400000-n1.htm



6:名無しさん@涙目です。(コネチカット州):2011/12/13(火) 04:26:37.01 ID:SuZbobdH0

この話って知ってて当然なの?
俺全く知らないんだけどゆとりだから?それとも低学歴だから?
両方か



10:名無しさん@涙目です。(東日本):2011/12/13(火) 04:28:57.20 ID:u0MvSlCV0

>>6
別に歴史の授業で習ったりとかはあんましないので
(するところもあるかもしれないが)
日本人なら知ってて当然みたいは空気はあっても
知らなかったとしても、まぁ不思議ではない
だがやはり「知ってて当然」みたいな空気はあるので
毎年の年末にやってるドラマは人生のうちで最低
一回か二回は見ておくとよい



7:名無しさん@涙目です。(埼玉県):2011/12/13(火) 04:26:44.87 ID:JEMSOcgA0

スレタイ通りだな
なんであんなのがもてはやされるのかさっぱりわからん
単なるテロリストだろ



12:名無しさん@涙目です。(中国地方):2011/12/13(火) 04:29:11.57 ID:cIOq4xjH0

俺だったら忍者雇って殺してもらうは



15:名無しさん@涙目です。(九州地方):2011/12/13(火) 04:29:28.96 ID:AmhivntQO

まぢな話、そろそろ美談としてやるのは止めて欲しい
客観的にみて報復の正当性が感じられない



405:名無しさん@涙目です。(静岡県):2011/12/13(火) 11:00:08.61 ID:irRWuUKF0

>>15
吉良視点の元禄赤穂事件の小説はいくつか出てるから、それ読めばいいよ



16:名無しさん@涙目です。(新疆ウイグル自治区):2011/12/13(火) 04:29:34.81 ID:qTfAjPJQ0

吉良も毎年斬られて大変だよな、年末くらいゆっくりさせてやればいいのに



28:名無しさん@涙目です。(新疆ウイグル自治区):2011/12/13(火) 04:31:36.17 ID:usyLypt+0

家柄だけが取り柄の鼻持ちならないクソジジイを〆ただけだろ
高家(笑)



34:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/12/13(火) 04:34:33.82 ID:ZSP5nbDP0

正確な歴史だと殿様がメンヘラの基地外で切腹で御家断絶で
無職になった家来が逆ギレして闇討ちした最低な連中なんだな



35:名無しさん@涙目です。(庭):2011/12/13(火) 04:34:36.09 ID:YmXvGqZ80

どんなにバカにされたと言っても切るとかキチガイすぎ
さらにそれに同調して息の根を止めにいく部下はもはや野蛮人



36:名無しさん@涙目です。(WiMAX):2011/12/13(火) 04:35:57.19 ID:PsVcLdRl0

それぞれにキャラ立ってるからなぁ。
真田十勇士みたいなもんで、ほとんどは講談や歌舞伎の脚色だったりするんだろうけど。



42:名無しさん@涙目です。(北海道):2011/12/13(火) 04:37:08.07 ID:HYdRoKxv0

物語を作る上で、赤穂浪士を正当化するあまり
吉良周辺の人物を無理矢理悪役に仕立ててるから、かなり無理あるよね



43:名無しさん@涙目です。(京都府):2011/12/13(火) 04:37:17.45 ID:Vqm+0NsM0

吉良って何も悪くなくね?



46:名無しさん@涙目です。(兵庫県):2011/12/13(火) 04:38:25.05 ID:xhdi1meW0

そろそろじじいが返り討ちにする忠臣蔵作ればいいのに
こいつら社畜の分際で生意気すぎ



48:名無しさん@涙目です。(大阪府):2011/12/13(火) 04:38:56.93 ID:Ppp6CtTh0

これからはAKB48よりAKR47(赤穂浪士47士)だな。



54:名無しさん@涙目です。(WiMAX):2011/12/13(火) 04:40:47.46 ID:PsVcLdRl0

>>48
http://blog.kusuya.net/?eid=320



51:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/12/13(火) 04:39:07.23 ID:ZSP5nbDP0

この事件を持ち上げるなら226時件も正当化できることになるな



53:名無しさん@涙目です。(大阪府):2011/12/13(火) 04:40:35.43 ID:NPBrXOff0

仇討ちが美徳とされてた時代だからな
一説には再就職を狙ったとか、ほんまかいな



73: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 (SB-iPhone):2011/12/13(火) 04:50:04.21 ID:fNDUbq7w0

>>53
正式な仇討ちならそうだがこの場合は違うからな
もう少し政治的な根回ししてたら上のお裁きも変わったかも



68:名無しさん@涙目です。(家):2011/12/13(火) 04:48:01.66 ID:31FHTTok0

鮒じゃ鮒じゃ
鮒侍じゃ



59:名無しさん@涙目です。(愛知県):2011/12/13(火) 04:42:26.59 ID:Wa36JqWF0

陰謀説とかいろいろあるけど本当の黒幕は煽った江戸っこたち



74:名無しさん@涙目です。(三重県):2011/12/13(火) 04:50:08.13 ID:oGD81qf50

今のお前らと一緒だろ。
お上の不幸が面白いってのが当時の世論だったんだよ。



75:名無しさん@涙目です。(沖縄県):2011/12/13(火) 04:50:43.43 ID:2DOGoMHw0

吉良って悪者扱いされてるけど実際は名君だったんだろ



80:名無しさん@涙目です。(東日本):2011/12/13(火) 04:53:41.05 ID:u0MvSlCV0

>>75
現地の人が同情心から「名君かもしれない」と言ってるだけで
実際の歴史上でも、別に大した事はやってない



134:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/12/13(火) 05:24:50.81 ID:GPVdNQoD0

吉良さん史実では地元なんて滅多に帰ってなかったそうだから
地元での名君伝説も判官贔屓のひいきの引き倒しみたいなもんですけどね



79:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/12/13(火) 04:53:10.71 ID:CqYDzKP80

赤穂浪士は相当卑怯で吉良側の家来は勇敢だったとか
新撰組とか赤穂浪士は美化され過ぎらしいな



81:名無しさん@涙目です。(三重県):2011/12/13(火) 04:54:41.42 ID:oGD81qf50

>>79
寝込み襲ってるんだから卑怯きわまりないわな。



98:名無しさん@涙目です。(三重県):2011/12/13(火) 05:02:34.98 ID:oGD81qf50

外人から見たらただのクレージー集団にしか見えないと思う。



102:名無しさん@涙目です。(兵庫県):2011/12/13(火) 05:04:27.03 ID:ZmhwmGpC0

>>98
今度キアヌ主演でやるらしいぞ
ラストサムライ形式で



347:名無しさん@涙目です。(関西・東海):2011/12/13(火) 09:19:11.57 ID:6pne7QsYO

キアヌ版忠臣蔵の登場人物
http://www.upsnews.co.jp/pdf/47RONIN.pdf
やはり、魔女と忍者と力士が気になる
一介の武士が殿様の娘と恋に落ちるってどういうことよ



351:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/12/13(火) 09:24:55.31 ID:WHNzK0/90

>>347
魔女は蜘蛛巣城的なアレだろ?

>一介の武士が殿様の娘と恋に落ちる
これは結構あるあるじゃね



101:名無しさん@涙目です。(沖縄県):2011/12/13(火) 05:04:21.95 ID:2DOGoMHw0

まあ武士ってプライド高そうだから煽ったらすぐ刀抜きそうだよね



423:名無しさん@涙目です。(石川県):2011/12/13(火) 11:31:46.70 ID:PKl9MC9o0

>>101
むしろ面と向かって馬鹿にされて抜かなかったら士道不覚悟で切腹させられるんだが



431:名無しさん@涙目です。(空):2011/12/13(火) 11:37:36.31 ID:tuCK/qTO0

>>423
どこの新選組だよw 刀抜くのにも理由や手順があって少々のトラブルだと基本的には抜けないんだぞ。



122:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/12/13(火) 05:17:06.40 ID:GPVdNQoD0

寝込み襲われて吉良側の人はほぼ一方的に嬲り殺しにされてるんだよな
一応侍同士でも、寝込みを襲われて装備が整ってなければそんなもんなんだな
この事件は元禄吉良虐殺事件と呼ぶのが一番ふさわしいと思う



126:名無しさん@涙目です。(大阪府):2011/12/13(火) 05:19:20.10 ID:OWS/4Ciy0

俺も単なる復讐劇と卑下してきたが、
当時の幕府の誤った裁断。内蔵助の御家再興への奔走、そして仇討決心への過程、敵を欺くための戦略、
四十七士のそれぞれのエピソードを知るにつれて、作品の良さを理解できた。



135:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/12/13(火) 05:24:58.19 ID:p4/72cCF0

幕府「本当は切腹なんだけど四十七士は世間に人気あるし、許しちゃおうか?」
みたいな空気に一時はなったらしい 本当幕府は大衆迎合にも程がある



146:名無しさん@涙目です。(アラバマ州):2011/12/13(火) 05:30:00.76 ID:TGxy9Kw/0

>>135
つまり史実でもすぐに持ち上げられてたのかw
後付設定が赤穂浪士側に有利になるのもうなずけるわw



160:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/12/13(火) 05:37:48.97 ID:p4/72cCF0

>>146
事件直後から大評判で庶民どもからはあっぱれの嵐だったそうだよ
幕府でも処分をどうするか審理が長引き、浪士たちには
「俺たち、もしかして助かるんじゃね?」
と無意味に希望を持たせてしまうことになった



181:名無しさん@涙目です。(石川県):2011/12/13(火) 05:49:35.34 ID:jrDf09UB0

>>146
そのときの将軍は犬公方でとにかく人気がない。
生類憐みの令と天災重なって、庶民は幕府が悪いから世の中がおかしいことになったと思っていたところへ、
幕府の沙汰に公然と逆らう連中が出てきたので拍手喝采となったそうな。



191:名無しさん@涙目です。(関東・甲信越):2011/12/13(火) 05:55:19.21 ID:DRcF66LlO

>>181
それと大石サイドの情報戦略もあったと思う
誰が言ってたか忘れたけど再就職運動だったって説が説得力あった



140:名無しさん@涙目です。(岡山県):2011/12/13(火) 05:26:27.20 ID:7MVqquB60

屋敷はめちゃくちゃ広いんだから逃げられたと思うんだけどな



141:名無しさん@涙目です。(三重県):2011/12/13(火) 05:27:09.86 ID:oGD81qf50

>>140
吉良は奮戦して殺された。
隠れてたというのも嘘。



142:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/12/13(火) 05:27:53.12 ID:GPVdNQoD0

実際家老とかはさっさと壁に穴あけて逃げ出してる
吉良おじいちゃんは逃げ遅れちゃったんだろうね



148:名無しさん@涙目です。(鹿児島県):2011/12/13(火) 05:31:12.24 ID:AGb05y0Z0

浅野のヘボが老人相手に致命傷負わせなかったのが敗因



155:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/12/13(火) 05:34:18.54 ID:GPVdNQoD0

浅野はキチガイだったというのが一番妥当な解釈だと思われ
発狂して刃傷事件とか江戸時代には珍しくないから



174:名無しさん@涙目です。(埼玉県):2011/12/13(火) 05:47:28.03 ID:HWzvABn7P

泉岳寺の赤穂浪士博物館で経歴見てみたら、部屋住みやら
十石取り程度の低階級が多くて意外だった思い出がある
もっと格とプライドの高い上級者が起こしたものだと思ってたんだけど



190:名無しさん@涙目です。(石川県):2011/12/13(火) 05:55:15.34 ID:jrDf09UB0

>>174
偉い人は大体コネとかで再就職できる。
しかし下っ端や、江戸で新規雇用された新参者はそういうのないから、御家再興できなきゃ無職決定。
大石は偉い人だから再就職できたけど、下っ端ども見捨てたら何するかわかんないから、
とりあえずお家再興目指して色々してたけど、結局駄目になり、江戸の新参者の強硬論に乗って討ち入りすることにしたそうな。



177:名無しさん@涙目です。(兵庫県):2011/12/13(火) 05:48:19.80 ID:LLqKFWsL0

吉良が名君だったかなんて関係なくて
すでに侍が刀抜くこと禁じられて法治国家になってる時代のテロ行為だからな
吉良が暴君だったら無罪になる話でもない



188:名無しさん@涙目です。(熊本県):2011/12/13(火) 05:54:45.49 ID:79aCbMgs0

で、お前らの推しメン誰よ?



199:名無しさん@涙目です。(関東地方):2011/12/13(火) 05:59:40.62 ID:cQZqTa5rO

>>188
推しメンw

剣の名手の堀部安兵衛と清水一学の一騎討ちかな



192:名無しさん@涙目です。(コネチカット州):2011/12/13(火) 05:56:35.71 ID:pMupC67b0

教訓を得られる話だから語り継がれてきたのだと思う
人に恨まれるようなことはしない(吉良)
いびられても一時の感情を我慢する(浅野)
筋が通っていれば世間は理解してくれる(四十七士)
など学ぶこと多いと思う
アニメ化はよ



200:名無しさん@涙目です。(埼玉県):2011/12/13(火) 06:00:21.77 ID:6D2r+7AJ0

>>192
>筋が通っていれば世間は理解してくれる(四十七士)
「しかし法は曲げられない」というのも教訓になるな
民衆からヒーロー扱いされてその後はカットの作品が
多いけど切腹までやってこその忠臣蔵だと思う



205:名無しさん@涙目です。(関東地方):2011/12/13(火) 06:01:42.08 ID:cQZqTa5rO

>>200
それはいえるな
堂々と逃げも隠れもせずに切腹したのはさらに世間の同情を買っただろうな



214:名無しさん@涙目です。(青森県):2011/12/13(火) 06:07:13.44 ID:9Qj/ZJYU0

今だと清武が自殺して清武の部下がナベツネ殺すようなもんかな



227:名無しさん@涙目です。(SB-iPhone):2011/12/13(火) 06:18:08.46 ID:LC9Lg7JUi

こんなアホな逆恨み復讐劇にノせられて、
吉良上野介の墓には破壊や汚損のイタズラが絶えなかったんだから、
死ねば仏ってのが嘘だってのがよくわかる



241:名無しさん@涙目です。(東日本):2011/12/13(火) 06:30:34.98 ID:1jE0gQH+0

昔はいろいろあった敵討ちの話の中で、
なんで忠臣蔵だけが生き残ったのだろうか。
他の話と違うところは、集団で一人を殺すという特徴ぐらいしかないのに。



281:名無しさん@涙目です。(茸):2011/12/13(火) 08:08:17.34 ID:S0j0G2XE0

>>241
主人公がおっさんだからかもな

後のは荒木又右衛門も中山/堀部安兵衛も若くてイケメンだからな



272:名無しさん@涙目です。(茸):2011/12/13(火) 07:47:58.12 ID:HQjOcu9x0

三大仇討ちのうち忠臣蔵しか残ってないな
不思議だ



275:名無しさん@涙目です。(新潟県):2011/12/13(火) 07:54:01.81 ID:osGHKzlx0

>>272
高田馬場と鍵屋之辻だっけ



267:名無しさん@涙目です。(山陰地方):2011/12/13(火) 07:39:29.70 ID:WHNzK0/90

浅野の行動には怒ったくせに、仇討は称賛した綱吉の掌返しにはあきれるよね(´・ω・`)



304:名無しさん@涙目です。(茸):2011/12/13(火) 08:39:51.80 ID:HQjOcu9x0

吉良=普通
綱吉=暗君
浅野=基地外
でおk?



308:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/12/13(火) 08:43:18.84 ID:WHNzK0/90

>>304
綱吉は超頭良かったがコミュ力がなく施政に生かせなかったという話もある



360:名無しさん@涙目です。(dion軍):2011/12/13(火) 09:32:40.33 ID:KFjgtnHZ0

>>304
吉良=普通。賄賂も普通に求めるし、普通に治世もちゃんとやる
綱吉=儒教原理主義者の俊英
浅野=馬鹿でキチガイで儒教が好き



318:名無しさん@涙目です。(九州地方):2011/12/13(火) 08:50:01.43 ID:H0lzv4fpO

吉良が「浅野君には悪いことをした」とか後悔するパターンのドラマとか無いの?



323:名無しさん@涙目です。(関東・甲信越):2011/12/13(火) 08:52:44.41 ID:1rAj+knBO

>>318
それじゃあ勧善懲悪にならないから無いと思うが
最後の最後まで抗って赤穂浪士に討たれるっていうのがウケてた訳だし



325:名無しさん@涙目です。(茸):2011/12/13(火) 08:54:11.35 ID:QJFYXrjI0

>>318
小説だけどその日の吉良上野ノ介、とかがそんな感じ

「そんなひどいことしたっけかなぁ」な感じだけど。



321:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/12/13(火) 08:52:08.96 ID:bXtZURP20

そもそも吉良は何も悪くない



326:名無しさん@涙目です。(新潟県):2011/12/13(火) 08:54:23.29 ID:osGHKzlx0

吉良の明確な非って何もないよね?
浅野が火病っただけでそれに理由付けしようとして極悪人吉良になってしまったんだろ



359:名無しさん@涙目です。(関東・甲信越):2011/12/13(火) 09:32:29.55 ID:ItwvXmZOO

本懐遂げて後世まで美談として名を残した大石らは武士として最高の勝ち組



362:名無しさん@涙目です。(岩手県):2011/12/13(火) 09:33:35.03 ID:0kEXmKQK0

吉良カワイソス



376:名無しさん@涙目です。(大阪府):2011/12/13(火) 10:13:33.71 ID:hQUaNSpm0

完全に調教され洗脳された理想の社畜の話だろ



383:名無しさん@涙目です。(dion軍):2011/12/13(火) 10:21:30.14 ID:/OAgY8zN0

内匠頭は私情で配下武士たちを路頭に迷わす馬鹿者



399:名無しさん@涙目です。(三重県):2011/12/13(火) 10:55:17.68 ID:+K1DxCUk0

たまには吉良が金と権力にモノを言わせて返り討ち、赤穂浪士惨めに死にゆく、というのもたまには作ってやれよ
毎回同じことしたって仕方ねえ



411:名無しさん@涙目です。(東日本):2011/12/13(火) 11:05:32.75 ID:my197gvz0

>>399
実際に上杉家からの増援と大量に雑兵雇ってたのに殆ど役立たずだったもんよ



420:名無しさん@涙目です。(石川県):2011/12/13(火) 11:29:30.65 ID:PKl9MC9o0

取りつぶしにはなったものの打ち入りに参加したメンバーの親戚は再就職で引っ張りだこだったらしいな
逆に参加しなかったやつらと吉良側の対応しないで隠れてたやつらはどこも召抱えてくれなかったとか



421:名無しさん@涙目です。(茸):2011/12/13(火) 11:30:23.59 ID:Kh/1FlmEP

>>420
参加した本人は切腹だけどなw



435:名無しさん@涙目です。(関東・甲信越):2011/12/13(火) 11:40:16.23 ID:DRcF66LlO

>>420
吉良側の雇われ浪人は当然だが旧赤穂潘士はとんだとばっちりだなw

吉良側浪人は怖がってほとんど出て来なかったとか



逆説の日本史 14 近世爛熟編 (小学館文庫)
井沢 元彦
小学館 (2011-12-06)
売り上げランキング: 310


http://ikura.2ch.net/news/kako/1323/13237/1323717821.html
posted by ニュー速野郎 at 22:54 | Comment(3) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トップへ戻る
この記事へのコメント
四十七士一人一人にドラマがある忠臣蔵は泣ける
Posted by at 2011年12月14日 23:09
全ては浅野が短気起こすDQNだったことが問題だろ。
殿中で刃物抜くとかどんなにキレても普通なら自分で抑制かかるだろ。

性格悪いだけで池沼に斬りつけられたあとそいつの配下のチンピラ集団に家襲撃されてフルボッコにされるとか惨劇以外のなにものでもないだろ
Posted by at 2011年12月14日 23:25
星新一の「ああ吉良家の忠臣」読んで、更に赤穂浪士嫌いになった
なんであんなキチが持て囃されて、未だに吉良が悪者になってるんだろうな
Posted by at 2011年12月14日 23:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タマフル THE MOVIE 〜暗黒街の黒い霧〜 [DVD]
タマフル THE MOVIE 〜暗黒街の黒い霧〜 [DVD]
みうらじゅんの思春期こじらせバラエティ 青春カタルシス [DVD]
みうらじゅんの思春期こじらせバラエティ 青春カタルシス [DVD]
伊集院光のばらえてぃー だるまさんが動いたらみんなバラバラの巻 [DVD]
伊集院光のばらえてぃー だるまさんが動いたらみんなバラバラの巻 [DVD]
伊集院光のばらえてぃー 酩酊ドミノ ハイパーの巻 [DVD]
伊集院光のばらえてぃー 酩酊ドミノ ハイパーの巻 [DVD]


この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

アクセスランキング ブログパーツ
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。