2010年12月27日

坂の上の雲 9話 「広瀬、死す」の感想

最新話の感想はこちらから

1:黒鳩金:2010/12/20(月) 00:20:47 ID:AfsgoXu/

スペシャルドラマ 「坂の上の雲」 (2009年放送開始・全13回・各回90分)
原作・題字:司馬遼太郎(『坂の上の雲』より 文藝春秋刊)

脚本:野沢尚 ほか       チーフ・プロデューサー:菅康弘
音楽:久石譲          主題歌:「Stand Alone」
作詞 :小山薫堂        作曲 :久石譲
歌  :サラ・ブライトマン(第一部) 森麻季(第二部)
演奏 :NHK交響楽団
語り:渡辺謙           制作:NHK

NHK松山「坂の上の雲」HP http://www.nhk.or.jp/matsuyama/sakanoue/
スペシャルドラマ「坂の上の雲」 http://www.nhk.or.jp/sakanoue/
『プロジェクトJAPAN』     http://www.nhk.or.jp/japan/
司馬遼太郎記念館(大阪府東大阪市) http://www.shibazaidan.or.jp/
坂の上の雲ミュージアム(愛媛県松山市) http://www.sakanouenokumomuseum.jp/

第二部 放送日時
総合テレビ
第6回 「日英同盟」 2010年12月 5日(日) 後7:30〜9:00
第7回 「子規、逝く」 2010年12月12日(日) 後7:30〜9:00
第8回 「日露開戦」 2010年12月19日(日) 後7:30〜9:00
第9回 「広瀬、死す」 2010年12月26日(日) 後7:30〜9:00

BS2
第6回 「日英同盟」 2010年12月 5日(日) 後10:00〜11:30
第7回 「子規、逝く」 2010年12月12日(日) 後10:00〜11:30
第8回 「日露開戦」 2010年12月19日(日) 後10:00〜11:30
第9回 「広瀬、死す」 2010年12月26日(日) 後10:00〜11:30

第二部 先行放送
デジタル衛星ハイビジョン
第6回 「日英同盟」 2010年11月28日(日) 後5:30〜7:00
第7回 「子規、逝く」 2010年12月 5日(日) 後5:30〜7:00
第8回 「日露開戦」 2010年12月12日(日) 後5:30〜7:00
第9回 「広瀬、死す」 2010年12月19日(日) 後5:30〜7:00

第二部再放送 総合テレビ
第6回 「日英同盟」 2010年12月11日(土) 後1:05〜2:35
第7回 「子規、逝く」 2010年12月18日(土) 後1:05〜2:35
第8回 「日露開戦」 2010年12月25日(土) 後1:05〜2:35
第9回 「広瀬、死す」 2010年12月30日(木)* 後1:05〜2:35
*第9回 「広瀬、死す」のみ木曜日に再放送します。


第三部 2011年 12月(放送予定)
o 第10回 「旅順総攻撃」 o 第11回 「二〇三高地」
o 第12回 「敵艦見ユ」  o 第13回 「日本海海戦」(最終回)

○放送済み。
第一部 2009年 総合テレビ 午後8:00〜9:30
o 第1回 「少年の国」 11月29日(日)  o 第2回 「青雲」   12月 6日(日)
o 第3回 「国家鳴動」 12月13日(日)  o 第4回 「日清開戦」 12月20日(日)
o 第5回 「留学生」  12月27日(日)



885:日曜8時の名無しさん:2010/12/26(日) 02:17:09 ID:QWzVhxSf

とりあえず貼っておこう。
しかし、これって文部省唱歌だったのか。

轟く砲音 飛来る弾丸
荒波洗う デッキの上に
闇を貫く 中佐の叫び
「杉野は何処 杉野は居ずや」

船内隈なく 尋ぬる三度
呼べど答えず さがせど見えず
船は次第に 波間に沈み
敵弾いよいよ あたりに繁し

今はとボートに うつれる中佐
飛来る弾丸に 忽ち失せて
旅順港外 恨ぞ深き
軍神広瀬と 其の名残れど



373:日曜8時の名無しさん:2010/12/19(日) 19:00:28 ID:80uFiOke

広瀬死んじゃった°・(ノД`)・°・



374:日曜8時の名無しさん:2010/12/19(日) 19:00:46 ID:ubFr3zWs

柴田勝家みたいなマカロフ爺さんだった



375:日曜8時の名無しさん:2010/12/19(日) 19:00:52 ID:ddKLf3iO

ボリスにも泣かされた
去年の今頃は「ボリスwwww」だったのに・・・



376:日曜8時の名無しさん:2010/12/19(日) 19:00:55 ID:8CoFk+xd

第二部の最後に広瀬の死を持ってきたのは正解だと思う



378:日曜8時の名無しさん:2010/12/19(日) 19:01:55 ID:BZSsAdyl

旅順口の閉塞作戦は一次で決着をつけないと、戦略的にヘボすぎ
広瀬はサーチライトを、アリアズナとの思い出の朝日と錯覚したのか?
海底にアリアズナの写真入りのロケットが沈んでいく象徴的な最期だった
ロシア兵に丁重に葬られたのは本望だったと思うしかないな
軍人レベルで心の交流があるんだから、そもそもロシアと戦う必要はなかったなw



388:日曜8時の名無しさん:2010/12/19(日) 19:05:31 ID:ggIhQgUn

第2部終わった
来年まで待ち遠しいが海戦のしょぼさはどうにかならんのか
陸戦がしっかりして見える分ガッカリ感が半端無い



404:日曜8時の名無しさん:2010/12/19(日) 19:10:39 ID:N4nmFGXj

>>388
君は、この番組にSF的な映像を求めているのか?
ちょっと、ずれてね?



413:日曜8時の名無しさん:2010/12/19(日) 19:17:39 ID:ggIhQgUn

>>404
そんなもんは求めてないが海戦が見づらくないか?
艦上ばっかで全体が見えてこないっていうのか



389:日曜8時の名無しさん:2010/12/19(日) 19:06:23 ID:t2AWgbkq

まぁ夜間戦闘ばっかりだったししゃーない



394:日曜8時の名無しさん:2010/12/19(日) 19:07:54 ID:nYXyMUOi

血書持って閉塞作戦参加を願いでる水兵さん達にはグッ・・・と来たなあ
熱い、熱いよ



414:日曜8時の名無しさん:2010/12/19(日) 19:17:50 ID:dhWIi+dK

8話に比べて9話はつまんなかったな。。開戦のピリピリ感もなかったし
開戦してもずいぶんまったりしてるものだな



425:日曜8時の名無しさん:2010/12/19(日) 19:27:54 ID:nYXyMUOi

>>414
相手艦隊が港内にヒキコモリじゃあ、激戦になりようがないわなw

でもピリピリ感といやあ、冒頭みなで盃を飲むシーンはぞくぞくしたな



422:日曜8時の名無しさん:2010/12/19(日) 19:26:06 ID:K9lPzChV

時折冗長に感じられる演出が多少ウザかったかな
律と季子の会話とか死亡フラグ立て過ぎな会話とか
延々と杉野を捜し回るシーンとか広瀬の回想とか
まあそれでも全体的には頑張ってたんで良しとしよう



438:日曜8時の名無しさん:2010/12/19(日) 19:43:34 ID:4fK+YdnX

「日本海大海戦」の加山雄三が演じた広瀬中佐では、血まみれのマネキン人形を作って、
首が飛んで戦死したシーンを再現したけど、やはり、NHKのホームドラマでは無理だったのだろう。

ボートに血しぶきがついているだけでは、なんか、迫力がなかった。



439:日曜8時の名無しさん:2010/12/19(日) 19:46:21 ID:pOiXBJci

>>438
時代が



443:日曜8時の名無しさん:2010/12/19(日) 19:56:57 ID:/37DE4lm

>>438
ただグロいのが見たいだけじゃん



445:日曜8時の名無しさん:2010/12/19(日) 20:00:45 ID:pOiXBJci

>>438
このドラマは基本的に戦記ものではない。
明治という時代を生き抜いた人々のドラマで
ただ迫力があればよいというものでもないよ。



44:日曜8時の名無しさん:2010/12/26(日) 21:23:49 ID:4Y4lD4CN

乗り移ってから木っ端微塵は知ってたから、いつ来るかとドキドキしたw
けっこう長かったよな。



49:日曜8時の名無しさん:2010/12/26(日) 21:25:09 ID:OayaZYxd

>>44
なんかもう生還しそうな勢いだったw



57:日曜8時の名無しさん:2010/12/26(日) 21:26:46 ID:WaKsYYhf

>>44
水兵が一人先に撃たれたときは「おい、悲しむのはともかく漕ぐのやめんなよ」とは思ったな。



232:日曜8時の名無しさん:2010/12/26(日) 23:05:34 ID:h3nHPnyP

>>57
あの状況であり得ないよね。そういうところですぐにベタベタした過剰演出をするんだから。
わざわざロケしたりCGを使ったりして映像にリアリティを持たせようとしているのだから、人間の行動もそれに合わせてリアリティを持たせてほしい。
どうしても日本のテレビドラマは舞台演劇から抜けられないのかな。



59:日曜8時の名無しさん:2010/12/26(日) 21:28:00 ID:yCtFBr2F

なぜ軍神なのか?

一人を探すために、大勢の命を危険に晒したのに
作戦は失敗なのに



68:日曜8時の名無しさん:2010/12/26(日) 21:30:31 ID:34x8HghT

>>59

国民の戦意高揚



74:日曜8時の名無しさん:2010/12/26(日) 21:32:58 ID:BK5r3VY5

>>59
マジレスすると作戦失敗をごまかすために軍神を祭り上げる必要があった。
それからまだ戦争初期で戦死者がそんなにいなかったことも大きい。
ニ○三の後だったら、この程度の犠牲で軍神になるなんてありえなかった。



101:日曜8時の名無しさん:2010/12/26(日) 21:42:53 ID:mXwHf5BE

>>59
作戦云々っていうよりも命を掛けて部下を救おうとした自己犠牲的になとこが日本人受けするってことでしょ
だから軍神扱いになったんだとオモ



128:日曜8時の名無しさん:2010/12/26(日) 21:51:38 ID:9BM+o40B

>>59

学生時代に、日露戦争から太平洋戦争までの歴史をを特に研究した俺が、知っている範囲の
ことを教える。

「海軍の広瀬、陸軍の橘を軍神に」
という将校たちの声を、初めは、海軍首脳部は認めなかった。斎藤実
海軍次官は、
「日露戦争は全部の日本国民と日本軍人の力で勝ったのであり、広瀬、橘という
一部の軍人を神格化することは好ましくない」
と言って、断固として拒否した。

だが、
「せっかく、ロシアに勝ったのに戦利品があまりにも少なすぎる」
という不満の声が高まり、海軍では特に広瀬と仲の良かった財部彪を中心に、
広瀬を軍神にする動きが強くなった。

遂には、「戦利品が少なすぎる」という、マスコミと青年将校たちの声に押されて、
政府と軍の首脳部も広瀬と橘の神格化に同意したのだった。



441:日曜8時の名無しさん:2010/12/19(日) 19:48:54 ID:e6S5TAaE

軍艦マーチが聞けただけでも満足じゃ。
当時はすでに演奏されていたんだな。



449:日曜8時の名無しさん:2010/12/19(日) 20:07:35 ID:yGDnDJai

広瀬には泣かせて貰った

ただやっぱり展開が早急過ぎる気がする、やっぱり1年かけた大河として放送して欲しかったな
それなのに律と季子のシーンに時間割いたりしてると、イラネって気持になってしまう



472:日曜8時の名無しさん:2010/12/19(日) 21:01:06 ID:dtbGJY0Y

緊迫場面になればなるほど何言ってるかわかんないな
歴史好きな俺がそうなんだから一般層はなお受け付けないだろうなぁ



476:日曜8時の名無しさん:2010/12/19(日) 21:02:36 ID:dhWIi+dK

広瀬の叫びのシーンはほとんど何言ってんのか聞き取れんかったぞな
腐女子は軒並み脱落だろう



479:日曜8時の名無しさん:2010/12/19(日) 21:03:51 ID:ikL3mHVT

>>476
たしかに最後の方字幕で観たほうがよかった



85:日曜8時の名無しさん:2010/12/26(日) 21:36:48 ID:d3YToODa

予告の真之なにしゃべってるのか全然解らなかったぞw



93:日曜8時の名無しさん:2010/12/26(日) 21:39:47 ID:UobyHJtx

>>85
あれ聞き取れた人いたら教えてほしいwまったく聞き取れなかった。



99:日曜8時の名無しさん:2010/12/26(日) 21:42:01 ID:twUPSMiV

>>85
たとえ、4万、5万の将兵が犠牲になろうと、203高地は絶対に落とさならん



109:日曜8時の名無しさん:2010/12/26(日) 21:45:16 ID:d3YToODa

>>99
すごいな! 脅威のヒアリング能力と言わざるを得ない。



113:日曜8時の名無しさん:2010/12/26(日) 21:46:28 ID:mXwHf5BE

>>109
字幕最強



507:日曜8時の名無しさん:2010/12/19(日) 21:20:40 ID:0jcCKHPx

藤本隆宏か、本当に広瀬中佐を演じきってくれてありがとう。
男がほれる男とはまさに貴方のことだ。
もともと北九州市出身だし、地元の言葉と似ている豊後方言はマスターしやすかったのだろう。
今後も活躍を期待してるよ!



518:日曜8時の名無しさん:2010/12/19(日) 21:25:12 ID:21ALTXx0

>>507
藤本さんのお父さんが、広瀬中佐の出身地の竹田市の隣の町の出身で
役が決まってからはお父さんに方言習ったりして研究したんだってさ。



707:日曜8時の名無しさん:2010/12/19(日) 22:28:37 ID:XheI7stt

ロシアはこの頃血眼になって海(不凍港)を求めてたんだよな・・・
クリミアで負け黒海経由のルートは叶わず中東でもイギリスに出し抜かれ
最後に残ったのが旅順港、ウィッテは穏便に事を進めて
地道に満州を手に入れようとしたんだろうけど
強硬派にとってみれば積年の悲願だった港を手に入れて
日本ごときなにするものぞと鼻息荒かったんだろうね・・・



705:日曜8時の名無しさん:2010/12/19(日) 22:27:46 ID:hXkLrGMf

三菱造船とか国内の造船業者のレベルはこの時期どの程度だったんだろうな。



715:日曜8時の名無しさん:2010/12/19(日) 22:37:35 ID:JbUxWeMC

>>705
修理専門の明治前期に比べれば
小型船ぐらいは自前で作れるようになってる

大正期になると大型船も作れるようになるが
明治末期のこの頃は丁度過渡期といったところ

当時の国内有力業者としては他に川崎造船と
石川島造船、三井造船あたりかな



717:日曜8時の名無しさん:2010/12/19(日) 22:39:41 ID:VkcrEG6D

>>705
軍艦は防護巡洋艦(軽巡の前身)サイズまでしか作れない
1000トン以上の商船は国内に197隻くらいしかなかった



713:日曜8時の名無しさん:2010/12/19(日) 22:32:45 ID:gQeDLlux

この当時の日本海軍の主力艦、「三笠」、「冨士」、「朝日」、「敷島」などは、
全部、外国製だよ。日本の造船技術はまだまだしょぼかった。

ついでに、原作にも書いてあるが、日本海軍の射撃の技術も全然だめだった。
開戦と同時に駆逐艦隊がロシア旅順艦隊を襲ったが、ほとんど魚雷が命中しなかったのが
いい証拠。

日本海軍は、朝鮮半島沖で必死で射撃訓練を行なって、やっと、日本海海戦では
かなり命中率が上がった。



736:日曜8時の名無しさん:2010/12/19(日) 22:50:01 ID:gQeDLlux

石坂浩二は、自身が大の軍事マニアで特に日本海軍ファン。

「なんでも鑑定団」で出品された戦艦「長門」の軍艦旗を、自前で800万円ほど払って
購入して、呉の戦艦「大和」博物館に寄付したという。



739:日曜8時の名無しさん:2010/12/19(日) 22:51:54 ID:wWoga0zT

>>736
じゃあ海軍作った人演じれて幸せだろうね



776:日曜8時の名無しさん:2010/12/19(日) 23:10:32 ID:tESQmf+e

>>739
映像作品で山本権兵衛が海軍の父として活躍したのは実質初めてじゃないかな
過去の映画だと東郷をGF長官に抜擢した大臣としてぐらいしか目立たないし

だからこそ定番の「東郷は運のいい男ですから」は石坂さんにもやってほしかったなぁ



818:日曜8時の名無しさん:2010/12/19(日) 23:36:44 ID:WGUNJO+I

>>776
テレビドラマで『海は甦える』があるよ。
多分、映像化された唯一の権兵衛主演作。
権兵衛は仲代達矢で広瀬武夫を加藤剛がやってた。



735:日曜8時の名無しさん:2010/12/19(日) 22:49:12 ID:tajjCw+q

コサック師団って具体的にどういう点が群を抜いて優秀だったの?
ドラマじゃ全然その強さとやらがわからん。



745:日曜8時の名無しさん:2010/12/19(日) 22:55:44 ID:zqY7elJw

>>735
人間の大きさが違うし、馬の品種が違う。
原作では、ロシア騎兵のような強靱な馬を生産するまでに何十年と馬の交配を重ねなければならないから苦労するようなぁ・・・という描写があったかな?

で、「ロシア騎兵に勝つためには機関砲で対抗するしかねぇんじゃね?」というもはや騎兵ではない発想にたどり着くというのが原作でした。



754:日曜8時の名無しさん:2010/12/19(日) 22:59:30 ID:qywtuilc

>>745
武田騎馬軍団を火縄銃で打ち負かすようなものか



766:日曜8時の名無しさん:2010/12/19(日) 23:04:52 ID:9WaMa8yO

>>745
好古側に割く時間が少ないからか、ガラスを拳でわって騎兵の本質を教えるエピソードとか「しゃあないから馬から下りて戦え」とかは割愛されてるね。
後者はこれから実戦シーンで出てくるかも知れないが。



738:日曜8時の名無しさん:2010/12/19(日) 22:51:54 ID:Ppl3SoKH

秋山兄弟のキャラが、少年時代と真逆になってることには、ちょっと違和感
があるな。



740:日曜8時の名無しさん:2010/12/19(日) 22:54:07 ID:T0kHoZxi

>>738
秋山弟はどちらかというと精神を病んでいく方向に向かうからな
「自分の代わりに殺したり殺されたりした連中を弔ってくれ」と子供を坊主にしたとか



919:日曜8時の名無しさん:2010/12/20(月) 00:14:50 ID:eMC/DtcS

そういや八甲田ってこの時代の話か
実践前に訓練で全滅しちゃったていう笑えないお話だな



933:日曜8時の名無しさん:2010/12/20(月) 00:24:19 ID:XRgxlxx9

>>919
皮肉なことにこれの救出・遺体収容作業が日露戦まえの防寒対策に貢献するという流れに



912:日曜8時の名無しさん:2010/12/26(日) 11:10:49 ID:C07mAv0q

第3部で予想されることは、

・戦闘シーン
・髭はやした軍人たちの会議場面
・息子の死の知らせを聞いた乃木夫人
・律の視点で明治の女性の生活の描写
・三笠爆発
・母の死

与謝野晶子は出るかわからん。直系の孫が国会議員だから。



917:日曜8時の名無しさん:2010/12/26(日) 12:11:15 ID:bd3WHox+

>>912
高野五十六少尉候補生負傷のシーンはあるかな?



934:日曜8時の名無しさん:2010/12/26(日) 15:55:32 ID:aU5+Q2t+

>>912
日比谷焼打ちも。

最終回って、
子規の墓参りを済ませた真之が雨の坂を上っていると、
「淳さん」子規らしき声が聞こえ、後ろを振り向いても誰もいない。

真之、ちょっと笑い、空の雲を見上げる・・・・。

ここで渡辺謙のナレが入り、その後Stand Aloneが流れ、ED と予想。



9:日曜8時の名無しさん:2010/12/26(日) 21:01:04 ID:OcPq/T1+

続きは来年
生きていられるかな俺…



11:日曜8時の名無しさん:2010/12/26(日) 21:11:45 ID:bd3WHox+

>>9
必ず生還せよというNHKからのメッセージだよ



12:日曜8時の名無しさん:2010/12/26(日) 21:14:02 ID:ueeu58LP

>>11
フラグ立てんなw



http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/nhkdrama/1292367674/
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/nhkdrama/1293334121/

NHK スペシャルドラマ 坂の上の雲 第2部 DVD-BOX
ポニーキャニオン (2011-03-16)
売り上げランキング: 420


坂の上の雲 全8巻セット (新装版) (文春文庫)

文藝春秋
売り上げランキング: 242
posted by ニュー速野郎 at 00:04 | Comment(2) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トップへ戻る
この記事へのコメント
「坂の上の雲」は「雪雲」だった?

エンディング映像の途中から登山道の空間に白く点点と漂う謎の物体・・・。
途中で映像が雲の合間を飛び交う「鳩」のアップの映像に切り替わっても、益々勢いと数を増して行く。
また、登山道に切り替わっても遠く離れた尾根道の背景に雲の晴れ間から差し込む日の光の中を雪煙の様に輝いている・・・。

この映像は「点点」があるからアクセントになり、より現実感のあるものになっている。
なにげに観ていると気付かないが、一体この「点点」は、何だろう?
這い松の斜面がうっすらと白くなっていることからして、やはり雪ではないかと・・・。
それじゃー、季節は?
森林限界を超えている標高の白馬大池から小蓮華岳に懸けての登山道では、若葉が芽吹く春先辺りでも小雪がこんな風にちらつこことも、あるのでしょうか?

そして上り詰めた坂の上にあった雲は「雪雲」であったとは、何だか「火中の栗を拾う」みたいで大変そうですね。
つまり或るインディアンが白人の手先になって、他のインディアンを滅ぼした話を高橋是清がして、小村寿太郎が東洋でのその役割をイギリスが日本に期待して日英同盟を目差しているとありましたが・・・。
やっと春先の様な「開花期」を迎えた「小さな国」が登って行く先にあった雲は、実は雪を降らせる「暗雲」?だった。
3人の主人公達はひたすら「前をのみ見て」明るく前向きに生きてはいますが、舞台である「日本」は列強に囲まれて国難に遭遇していた訳で、エンディング映像はそうした状況へのNHKなりの解釈なのでしょうか・・・?
Posted by at 2010年12月31日 15:57

日本に流れる奇跡のかけらなのさ。
ただただ享受するだけじゃなくて、努力し得た奇跡が
日本の地に舞い降りている。それは今でも続く。

我々は努力しなければならない。
Posted by   at 2012年07月12日 23:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード:


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タマフル THE MOVIE 〜暗黒街の黒い霧〜 [DVD]
タマフル THE MOVIE 〜暗黒街の黒い霧〜 [DVD]
みうらじゅんの思春期こじらせバラエティ 青春カタルシス [DVD]
みうらじゅんの思春期こじらせバラエティ 青春カタルシス [DVD]
伊集院光のばらえてぃー だるまさんが動いたらみんなバラバラの巻 [DVD]
伊集院光のばらえてぃー だるまさんが動いたらみんなバラバラの巻 [DVD]
伊集院光のばらえてぃー 酩酊ドミノ ハイパーの巻 [DVD]
伊集院光のばらえてぃー 酩酊ドミノ ハイパーの巻 [DVD]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/176131002

この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

アクセスランキング ブログパーツ
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。